膝の痛み

膝の痛み

膝の痛み

  • 階段が膝が痛くてつらい
  • 正座ができない
  • 膝のこわばりや引っかかりを感じる
  • 膝の水を抜きたくない
  • 膝の痛みは年のせいと諦めている

膝が痛くなると歩くのが本当に嫌になりますよね。案外、日常生活で歩くにも座るにも、立っているだけでも膝を使っていることが
膝が痛くなって初めて分かりますよね。

でも、ご安心ください。当院であなたと同じ様に膝の痛みで苦しんだ方が楽になったと感想を書いて頂きました。
是非、一度お読み下さい。

いつもありがとうございます、私の駆け込み寺
です。
                           40代 女性 会社員
※あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではございません

「おだやかな」施術で知らないうちに体が良く
なっています
                           40代 女性 会社員
※あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではございません

小さな子供を連れての治療がOKというのは本当
に有り難いです!!
                            30代 女性 主婦
※あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではございません

きちんと説明して頂き、自宅のケアも教えてもら
えて参考になった
                           30代 女性 薬剤師
※あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではございません

娘の痛みに親身になって相談にのって頂き、
症状もうその様におさまっています。
                             小学生(感想は母)
※あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではございません

どの大学病院の先生よりも真摯に心を込めて
向き合ってくださいます。

                            50代 男性 教員
※あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではございません

自分で気づいていない不調を見つけてくださり、
悪くなる前になおしてくれます。
                           40代 男性 薬剤師
※あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではございません

私にとって芦屋カイロは「心身のメンテンスの
場所」です。
                            40代 女性 医師
※あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではございません

この症状は治らないかもと思いましたが、親身に
対応して頂き本当に治ってきました。
                         30代 男性 公認会計士
※あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではございません

長年悩んでいた色々な体の不調がすべて治りつつ
あり、本当に感謝しております。
                            70代 女性 主婦
※あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではございません

足(膝)が痛くて走れなかった

アンケート用紙
Q1来院される前にお困りだったことをお聞かせ下さい。
  足(膝)が痛くて走れなかった
Q2何が決め手で芦屋にこられましたか?
  ご紹介
Q3初めての来院前に何か不安なことはありましたか?
 長く症状が続いていたので、本当に痛みがなくなるか不安でしたが、
 痛みはなくなり解消されました

Q5 芦屋カイロの感想をお願いいたします。
先生は優しくて話しやすく、主訴も改善してくださって、本当に感謝しております。

Q6 これから、芦屋カイロに以行こうと思っている方へ一言メッセージ
院内の雰囲気もアットホームな感じで駅から近く通いやすく、
  先生も優しいので是非行ってみてください。

廣井様 尼崎市 31歳 女性 歯科衛生士

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

ひざの痛み

お客様写真
アンケート用紙
Q1来院される前にお困りだったことをお聞かせ下さい。
ひざの痛み
Q2 何が決め手で芦屋にこられましたか?
ご紹介
Q3 初めての来院前に何か不安なことはありましたか?
痛みが(施術の時)あるのではないか。ボキボキと音がすることをされるのではないか。
→全く問題ありませんでした。
Q5 芦屋カイロの感想をお願いいたします
いつも楽しくおしゃべりしながら、痛みも解消され。見て頂いた後は、いつもからだが軽く調子が良いです。
Q6 これから、芦屋カイロに以行こうと思っている方へ一言メッセージ
不安に思っていること感じていることは、是非先生にご相談してみることをお勧めします。何か良いアドバイスetc・・きっと頂けると思います。

なおこ様 尼崎市 36歳 女性 歯科衛生士

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

膝を痛めてしまいました。ほとんど歩けない様な状態でしたが・・・

アンケート用紙
Q1 来院される前にお困りだったことをお聞かせ下さい
草の引き抜き方が悪く「ひざ」を痛めてしまいました。
ほとんど歩けない様な状態でしたが正座まで出来る様になりました
Q2 何が決め手で芦屋にこられましたか?
 紹介

Q3 初めての来院前に何か不安なことはありましたか?
ご紹介の方に話しを聞き不安はありませんでした

Q5 芦屋カイロの感想をお願いいたします。
長年悩んでいた色々な体の調子の悪い所すべて直りつつあり、ほんとうに感謝致しております
Q6 これから、芦屋カイロに以行こうと思っている方へ一言メッセージ
まず一度行って頂く事だと思いました

大楠様 宝塚市 77歳 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

キャンペーン

*開院20周年記念としまして、初回特別価格5,980円のキャンペーンを行っています。「整体って自分に合うのかしら・・・」など気になると思いますので、ぜひこの機会に一度「芦屋カイロ式整体」を試してみて下さい

なぜ膝が痛くなるのか?

厚生労働省の「介護予防の推進に向けた運動器疾患対策に関する検討会」の報告書(平成20年3月)では、変形性膝関節症の患者数について、自覚症状を有するもの約1000万人、潜在的な患者は約3000万人と推定されています。

 

これは、日本の人口のおよそ4分の1の人が変形性膝関節症に悩む可能性があるという報告でした。

 

ここでは、変形性膝関節症の厚生労働省の報告を取り上げました。

一般的な分類です。

  1. 変形性膝関節症
  2. 関節水腫(膝に水がたまる状態)
  3. 半月板損傷・靱帯損傷
  4. スポーツによる膝の慢性障害
  5. オスグッド・シュラッター
  6. その他(リウマチや痛風など)

1の変形性膝関節症は、体重の増加や高齢化に伴い軟骨がすり減ってくることにより、骨と骨が直接こすれることにより痛みが出ると言われています。(多くの患者さんはこれに当てはまります)

 

 

2の関節水腫は「膝に水が溜まった状態」の原因も、膝の軟骨がすり減り骨と骨が直接すれることや重労働や病気(リウマチなど)で膝関節内で炎症を起こして関節液が溜まります。

 

3の半月板損傷や靱帯損傷は、激しいスポーツや転倒などで、半月板や靱帯を損傷

 

4のスポーツによる膝の障害ですが、(ジャンパー膝・鷲足炎・腸脛靱帯炎)などで、基本的にはオーバートレーニング(使いすぎ症候群)と筋力の問題や関節の軸の狂いが原因と言われてます。

 

5は、成長期に過度に飛んだり、ボールを蹴ったりすることによって生じると言われています。
(オスグッド・シュラッターに関しては、オスグッドのページを参考にして下さい)

 

6のその他は、痛風やリウマチ、化膿性関節炎といった疾病によって膝に痛みが出るケースです

一般的な膝の治療とは(痛風・リウマチ・化膿性関節炎は除く)

膝に痛みを感じると多くの方が病院に行かれると思いますので、一般的な処置を書いておきます

  • 薬物療法
  • 物理療法(電気療法やマッサージ)
  • 運動療法
  • 注射(ヒアルロン酸など)

痛みがまだ、初期の場合はストレッチや運動(運動療法)や物理療法(固い膝回りの筋肉のストレッチなど)を処方されます。

もう少し進むと、運動療法や物理療法に加えて、湿布や痛み止め(薬物療法)や関節に腫れがあれば水を注射で抜く等の処置が行われます

それでも、状態が思わしくなく膝関節の変形などが進むと手術も視野に入れて治療が進みます

*痛風やリウマチ、化膿性関節炎などは、薬物療法の内容から違ってきますので、ここでは触れませんが、単なる膝の痛みだと思っていても実は大きな病気が隠れている場合もありますので一度は整形外科を受診される事をおすすめ致します

当院の膝に対するアプローチ

膝でお悩みの患者さんは、芦屋カイロにたくさん来られます。

  • 正座が出来ない
  • しゃがめない
  • 足が腫れて曲がらない

といったお悩みが多いです。年齢も様々ですが、女性が多いですね。

芦屋カイロの考える一般的な膝関節の痛みの原因は

  1. 身体の重心のずれ(自律神経の乱れ)
  2. 膝関節のずれなど

1.  身体の重心は、じっとしている時は、両くるぶしの間にあるのがよいと
言われてます。

しかし、実際に来られる患者さんを見ていますと右に傾いたり、前に傾いたり
しています。

こういった状態は、膝だけがおかしくなる問題ではなくて、肩こりや腰痛も
引き起こします。

 

例えば、右に傾いていれば、当然右の膝に体重がかかりますよね。その人がO脚やX脚だったら
より膝の内側や外側に体重がかかり上下の膝の関節がこすれる。

 

それだけでも、膝の関節の軟骨がすり減り痛みを引き起こすのはおわかりでしょうか?

 

そこで、まず芦屋カイロでは全身のバランスをチエックしていき、ひざにどの様な負荷がかかっているのかを調べます。

 

その結果に照らし合わせて、全身のバランスを無痛で調整します。(初期の膝の痛みであれば、全身のバランスをとるだけで
楽になります

 

写真は、骨盤の調整をしているところです。(この患者さんは右足が左足よりも短い状態を調整しています)

この状態でしばらく寝て頂き、身体に正しい骨盤の位置を覚えてもらいます。

写真は左右にスライドできます

初めての患者さんの施術の流れです

初めての患者さんの施術の流れです

当院に初めて来られた患者さんの流れを説明いたします。
①問診

②検査

③カウンセリング

④施術となっております。

問診

問診

色々とお身体の状況をお聞きします。今までの不調や気になると事を何でも伝えて下さい。

検査

検査

姿勢の歪み・関節の動き・経絡の状態・神経の問題など、様々な角度から検査します。

カウンセリング

カウンセリング

問診と検査の結果を踏まえて、今後の施術計画をお話して施術を行います。

施術(骨盤矯正)

施術(骨盤矯正)

SOT(仙骨後頭骨テクニック)で用いる三角ブロックを用いて、患者さんの自重を利用してじんわりと骨盤矯正を行います。

骨盤は特に副交感神経との関係や女性では生理痛や妊娠などに大きく影響する部分ですので、必ず施術する部分です。

後環椎リリース

後環椎リリース

身体が疲労を感じると必ず顎が上がるようになっており(反射の影響)後頭部の下の筋肉(いわゆる盆のくぼという所)が緊張を起こしてきます。この付近は自律神経の中枢がありますので、ここのバランスが崩れると様々な身体の不調が起こりますので骨盤と共に必ず施術しております。

2.膝関節のずれは当然施術していかないといけないと考えています。

おそらく、この膝関節のずれが調整できるかどうかが膝の施術の一番のポイントだと考えています。

膝関節のずれ方は、簡単に言うと①前後②左右③回旋の方向にずれ、それに腓骨という関節のずれも併せて考えていかないといけません。

前後・左右・回旋のずれ方の順番があり、これは知恵の輪のようになっており、ずれた順番通りにずれを解消させていかないと中々しつこい痛みは取れません。

(この順番が大切で多くの整体院では、「ずれ」は分かるが順番がわからないので、なかなか膝の調子が回復しないようです)

それが、調整できた後、ひざの上下の関節(股関節や足首)の調整も個々に行います。

 

こういった施術により、膝の痛みが解消され、膝の水を抜かずに自然と膝の腫れが引いたりしています。(個人差はあります)

 

キャンペーン

*開院20周年記念としまして、初回特別価格5,980円のキャンペーンを行っています。「整体って自分に合うのかしら・・・」など気になると思いますので、ぜひこの機会に一度「芦屋カイロ式整体」を試してみて下さい

他院と当院の違い

全国47都道府県はもとより、海外からも患者さんが訪れています。

出版や大学講師としても注目されています。

関西でも数少ない赤ちゃんの整体が受けられる

はじめまして、芦屋カイロプラクティック代表中西
貴大です。一般社団法人 近療連 事務局長も兼任しております。

元々薬学の研究者を目指していたのですが、大学院の修士課程修了の頃に阪神大震災に実家が被災し就職し、その2年後に高速道路で車が大破する事故に遭い、腰痛とむち打ちを患いました。

西洋医学では治らなかった腰痛などをある整体の先生に治して頂き、その経験から整体やカイロプラティックの道に進みました。

1999年に芦屋で開業して20年以上経ち、2011年には「0歳からのベビー整体」を出版し、現在芦屋大学でも講義を持たせてた頂いてます。芦屋方々の健康増進の手助けが出来るよう日々精進しております。

もし、お身体のことで気になる事がございましたら、どんなことでもご相談下さい。

 

 

情報発信ネットワークワイワイネット主宰・教育ジャーナリスト 中曽根陽子様

私は、20代の頃から肩こりに悩まされ、30代でぎっくり腰を3度経験、40代には坐骨神経痛と、本当に辛い思いをしてきました。

それだけに、これまでに通った整体も数知れず。でも、根本的な解決に至らず、一生付き合うしかないのかなと思っていた頃、先生に出会いました。私の体を見て、「左右のゆがみが原因だね。直してあげられるかもしれないよ」と一言。

早速東京から伺い、なんとゆがみが改善。以来、あれほど辛かった痛みから開放されました。著者仲間の間では、グッチさんと呼ばれている中西先生。その愛称通りのお人柄と確かな技術で、大勢の患者さんを治してこられた、自信を持ってご紹介できる先生です

ご著書の『いつでも安心! ママの手がお医者さん 0歳からのベビー整体』は、お母さんの不安に優しいまなざしで寄り添う、子育て本でもあります。

芦屋バレエアカデミー主宰・芦屋大学・新国立劇場バレエ研修講師 新谷佳冬様

数年前バレエ教室の父兄から「いい先生よ」と口コミで紹介されて通い始めました。バレエでは全身の関節や筋肉の調整・バランスが重要で、中西先生はそれをとてもうまくメンテナンスして下さいます。

また、その人の状態や年齢にあった施術をして下さるので、成長期の生徒も認知症の母も面倒みて頂いております。先生の博学にお頼りしてバレエ教師育成の為、芦屋大学バレエコースの解剖学講座にゲスト講師としてお願いしています

私も膝を痛めた経験があります。幼少の頃から剣道をやっていたので、大人になっても色々な武道などに興味があり誘われると参加したりしていたのですが、たまたまタイミング良く(?)私の膝に横から棒の様なものが当たりました。

 

その時は、全くなんともなかっったのですが、1週間後ぐらいに膝が痛み出し、それこそ歩くのさえ困難になりました。

 

この経験は、後に膝のずれ方には順番があるという理論にであうきっかけとなりました。

 

このずれの順番でコントロールすると膝の痛みがきれいに消失し、現在も膝の痛みは再発していません。
また、このずれのルールに沿って考えると日常生活においる横座りはやめて頂いております。(それだけでも楽に人はいらっしゃいます)

 

膝の痛みは、靱帯・関節・半月板・筋肉・姿勢など色々な影響を受け、また動くたびに膝は動くのでしつこい痛みに悩まされている人が多いようです。

 

また、年齢のせいと言われて痛い膝にお困りの年配の方も多く、ほとんど膝の水を抜くことなく快方に向っていますので、ぜひ一度当院に安心してご相談下さい。

あなたのご来院を心よりお待ちしております。