40代 男性 会社経営 膝を床につけると痛い 腰痛

40代 男性 膝が痛くて床に膝をつけられなくなった 慢性的な腰痛

既往歴)腰痛(病院では問題なし)膝が時々水がたまるが病院にはかかっていない。胃痛(ピロリ除菌済み~

主訴)数日前から床に膝をつけると痛くて立ち上がれない、腰は元々慢性的に痛みを感じる

所見)右短下肢 恥骨右側圧痛 右仙腸関節疼痛 左右の膝共に脛骨外旋変位並びに腫脹・熱感あり 前方頭位の姿勢 左肋骨7,8,9後方変位

1回目

膝が一番の主訴となっているので、膝の腫れの処置を行う。
施術は、左右の膝の脛骨並びに膝蓋骨の調整を行い、テーピングを行った。
膝の問題と大きく関係のある骨盤も右側腸骨のPI変位を調整。

2回目~4回目

初回と同様の施術を2日おきに行い、4回目でほぼ腫脹熱感は消失。
膝の問題は、股関節や骨盤および足首の影響が大きいので再発を防ぐために調整を続ける。
また、膝の動きと関係の大きい筋肉の大腿直筋は胃の問題と関係があり、背中の左678部分とも関係があるので同時に調整

6回~現在

現在は、膝・腰とも快調であるが、あまりにも膝の痛みが強烈だったため、再発防止の為に毎週チエックおよび施術を行っています。

膝の痛みについて詳しくはこちら

膝の痛み

この記事に関する関連記事