70代 女性 主婦 1ヶ月前に脊柱管狭窄症による坐骨神経痛と診断され病院に通院するが良くならないので来院

70代 女性 脊柱管狭窄症及び坐骨神経痛と診断され通院するも改善がみられないため来院

既往歴)脊柱管狭窄 坐骨神経痛

所見)左臀部から足首にかけて坐骨神経痛 右短下肢 腰部左回旋時左腰部に疼痛 腰部伸展時左仙腸関節に疼痛 左腰部側屈で左腰仙関節に疼痛

初回

脊柱管狭窄症及び坐骨神経痛の状態なので、まず骨盤に対してソフトなSOTブロックで右短下肢の調整を行う。また、坐骨神経痛様症状を出すことで知られている梨状筋の緊張を筋膜リリースを行う。

2~8回目

2回目以後もSOTによるソフトな骨盤調整、梨状筋の筋膜リリースや大腰筋のリリースを中心に施術を行う。

施術から3ヶ月後

3ヶ月の施術期間後、坐骨神経痛消失。施術は、骨盤の調整と梨状筋と大腰筋の筋膜リリース及び頸部の調整も行った。
ご本人の希望で、坐骨神経痛が解消した時点で施術終了。

脊柱管狭窄症について詳しくはこちら

脊柱管狭窄症

この記事に関する関連記事