30代 会社員 男性 1週間前に前屈みなった時にギックリ腰になった

30代 男性 会社員 1週間前に前屈みなった時にギックリ腰になった

既往歴)初めて中学生の頃にギックリ腰になり、最近は頻繁になるようになった

所見)重心が中心より前方にずれている。
腰部 左腸骨後下方変位 左旋回時左腰部に痛み
股関節 左股関節 パトリック陽性

初回

ギックリ腰の痛みが左の仙腸関節から膝まで広がっているので、まず痛みの緩和を目的に施術を行った。

座位で施術を行い、左の骨盤部と腰椎部の施術を行い痛みが半減した所で、テーピングして終了。

~8回目

痛みが強いので、1日おきに来院。
3回目から自由にベッドに寝起きが出来るようになり、靴下も自分ではけるようになりました。

そこで、中学生の頃から続くギックリ腰が起こる間隔が短くなっていることから、根本的に骨盤や腰椎及び頸部の施術を行った。
仕事柄ずっとデスクワークなので、座り方やストレッチなどを指導

現在

仕事の姿勢や運動等も指導し、痛みや腰の違和感もなくなった所で終了としました。

ギックリ腰について詳しくはこちら

ギックリ腰

この記事に関する関連記事