40代 主婦 坐骨神経痛でおしりがぴりぴり痛む

40代 主婦 坐骨神経痛
既往歴)20年前から坐骨神経痛を繰り返している。大腸ポリープや痔の手術経験有り

所見)右股関節外旋制限 左短下肢 パトリック検査左陽性 腰部前屈後屈とも動作痛あり 左腰部回旋時右仙腸関節に疼痛 左側顎関節クリック音
右臀部から膝裏まで疼痛あり 前方頭位

初回

坐骨神経痛の多くは、梨状筋症候群で生じているケースが多く。この女性の場合も、整形外科での画像診断では問題が見つからなかった。

梨状筋と関係の深い股関節と骨盤に対して、SOTブロックで調整し、SOTOという下肢の調整法を行った。

2回~4回

初回の施術と同時に、骨盤の安定性に大きく影響する顎関節の施術も加え、より骨盤の安定を図る。

4回目でほぼ坐骨神経様症状は消失。

5回目から現在

5回目からは、坐骨神経痛の本当の原因である姿勢改善の調整に施術を変更して、骨盤・頸椎・顎関節の調整と共に家庭での運動を伝えている。

現在も姿勢の改善並びに保持の為に2週間に1度のペースで来院

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事